最新情報ビジネスブログ|タップアンドクリック(タプクリ)

タップアンドクリック(タプクリ)で投資ビジネスをもっと手軽に!

2021年に仮想通貨は副業としてアリなのか?

time 2021/03/04

1、はじめに
2021年に入りビットコイン価格は600万円台まで上昇しました。
これからどのような動きをするのでしょうか。そしてこれから副業として参加することは
将来的に有りなのでしょうか。今回はその点も含めて考えてみたいと思います。

2、2021年のビットコイン価格は
2021年のビットコイン価格は、2月現在500万円台を推移しています。
一時、400万円台に下落しましたが再度上昇しています。
これから3月に入り更なる上昇トレンドに移行していくのか、
それとも500万円台を割って下降トレンドに入っていくのか
現在では非常に難しいところです。毎日のようにビットコインだけではなく
仮想通貨関連の動きが活発化し、なかなか状況が読みきれないといったところです。
今回のビットコインの上昇は、世界全体が経済政策で金融緩和が実施されているので
その影響が強いのではないかと噂されています。それが正しければ更なる金融緩和が
実施されればビットコインの上昇が期待できるかもしれません。
しかし、金融緩和が永久に続けばインフレを引き起こす可能性があるので
どこかで引き締めのタイミングが訪れるはずです。その時にビットコインをはじめとする
仮想通貨全体の影響がどのようになるのか誰も予想はできません。
もしかするとビットコインを別の市場にうつす可能性もあります。そうなれば
大きな下落トレンドに突入することでしょう。2021年に金融緩和を早々に
終わらせる可能性も十分考えられるので、2021年のビットコイン価格は
さらなる大きな上昇も考えられますし、金融政策で下落トレンドに突入する可能性も
どちらも考えられることを覚えておいた方が良いでしょう。

3、これから副業として参加はアリなのか?
ではこれから仮想通貨取引に副業として参加するのはありなのでしょうか?
これは非常に難しいところで、そのタイミングを誤れば大きな損失に
つながることも十分考えられます。毎日更新される口コミなどもひとつの
タイミングを図るうえで参考になると思いますが、ひとつの目安であり
確信とまではいきません。2021年は様子を見ながら少しずつ参加するという方法が
無難かもしれません。

4、将来的には可能性あるが無理はしない
長い目で見れば仮想通貨は非常に興味深いものです。しかし大きなリスクも
あります。仮想通貨取引の方法も現物取引からFX もあるので
これから仮想通貨取引を副業で始めたいのであれば現物取引が無難でしょう。
毎日のデータを見ながら、自分のライフスタイルに取り入れると
副業として収入を増やすことができるのではないでしょうか。